私は、高齢者の緊急夜間相談および在宅ケアの仕事を経験する中で、悩み苦しんでいる高齢者が多くいる現状を目の当たりにして、何か手助けすることができないのか考え当団体を立ち上げました。現代社会では健康を損なう要因として、ストレス・お薬の多剤服用・生活習慣など多数ございます。

当団体は、医療・介護・福祉の現場で働く専門職が集まり社会貢献を目的として活動しています。

平均寿命と健康寿命の間のレッドゾーンを短くすることにより、地域の皆様が長く幸せに暮らせると考え、様々なイベントおよびカウンセリング等を提供しています。

お気軽にご相談ください。

 

2018年度 男性 女性
平均寿命 80.98歳 87.14歳
健康寿命 72.14歳 74.79歳
レッドゾーン 8.84歳 12.35歳

※米国イリノイ大学の論文では、平均寿命を延ばすよりもレッドゾーンをいかに短くするかが重要とされています。
(日本の健康寿命の算定方法はサリバン法を用いており、基本的に年齢階級別の死亡率と健康な人の割合の二つの基礎データを用いて算定しています)                                                                                                                                                                                                                                                                     理事長  金屋 隼斗