●視障協からの報告●

■研修会(デイジー再生機プレクストークの操作方法)の報告(平成24年8月)


 平成24年8月26日(日)、北部身体障害者福祉会館を会場に平成24年度の研修会を開催しました。 研修テーマは視覚障害者用のデイジー録音・再生機「プレクストーク」の特徴と操作方法です。
 現在、視障協や視覚障害者ボランティアグループの発行している音声誌はカセットテープ版から デイジー版への切り換えが徐々に進んでいます。視覚障害者用の録音・再生装置として開発されたデイジーは、 便利ですが有効に活用するためには、プレクストークの操作方法を習得する必要があります。
 今回の研修会はシナノケンシ株式会社から講師を招き、視覚障害者でプレクストークの操作方法について 知りたい方が対象です。視覚障害者23名が参加しました。
 当日は、体験用の機器としてプレクストーク PTR2を用意しました。PTR2の使い方の具体的な説明事項は、 形状の確認、電源の入り切り、CDの取り扱い、基本となる再生方法、デイジー図書の便利な頭出し、 再生スピードの調整、その他の機能の紹介などでした。
 プレクストークを既に持っている人は持参しました。なかには購入してあまり使いこなせていない人もいて、 デイジー録音されたCDの再生などの基本操作を繰り返し熱心に練習していました。


■研修会(デイジー再生機プレクストークの操作方法)の報告(平成24年8月)おわり

トップページに戻る