●視障協からの報告●

■高齢者部の交流会開催の報告(平成26年11月)

 平成26年度の高齢者部主催の交流会を、11月30日(日曜日)に、川崎市視覚障害者情報文化センターで開催しました。
 
 開催当日は天候にも恵まれ、43名の参加者を得て、10時30分に開会しました。  開会に当たり、当協会の高橋会長の挨拶の後、参加者全員が自己紹介をし、午前11時よりアトラクションを開始しました。

 第1部は音楽ボランティアクラブ「ザ のんべーず」の楽器演奏で、キーボード・ギター・オカリナ・ヴォーカルの5名のグループの 懐かしの流行歌などを聴くとともに、会場の参加者も全員、大きな声で楽しく合唱しました。

 昼食の後、第2部は神奈川県の出前講座、消費生活相談員 平井先生の、消費生活トラブル予防の講座を聞きました。 最近多発の、電話による詐欺、訪問販売などを中心にトラブル予防と解決策を学びました。 この種の講座は初めての方も多かったようで、真剣に耳を傾けていました。

 第3部は朗読ボランティアグループ「水車の会」のメンバー5名による創作朗読劇「当世版 白浪五人男」です。 会場は笑いの渦に包まれ、楽しいひとときでした。

 そして、午後3時、予定通り終了しました。この交流会の準備、開催に当たりご協力ご助力頂きました、点訳サークル「芽の字会」、 川崎市視覚障害者情報文化センター、そしてガイドヘルパーの皆様方にこの場をお借りし厚く御礼申し上げます。(M)

■高齢者部の交流会開催の報告(平成26年11月)おわり

トップページに戻る