●視障協からの報告●

■第70回 視障協通常総会の報告(平成29年5月)

平成29年5月21日(日)午後0時30分より、「ふれあいプラザかわさき」(川崎区堤根)の2階ホールにおいて、平成29年度の通常総会を開催し、会員112名(委任状を含む)が出席しました。
 来賓24名を迎えての第1部の式典のあと、第2部の議事が進められ、第1号議案 平成28年度事業報告及び収支決算、第2号議案 平成29年度事業計画案および収支予算案並びに第3号 議案 定款の変更についていずれも全壊一致で可決承認されました。
 引き続き第3部、役員の選出に移り、監事の選任と正副会長候補選挙を行いました。
 休憩のあと、高橋会長が新運営委員名簿を発表して挨拶し、午後3時45分に閉会しました。
 なお、総会の運営には川崎市視覚障害者ボランティア連絡会 (オブリガード)の支援協力をいただきました。

《総会テーマ》 
視覚障害者の生活の質の向上を
総会スローガン
一、視覚障害者の働ける環境の整備を
一、高齢視覚障害者によりよい生活の場を
一、災害時における視覚障害者の避難対策の拡充強化を
一、視覚障害者が安心して歩ける街づくりを
一、視覚障害者の情報バリアの解消を
 
■第70回 視障協通常総会の報告(平成29年5月)おわり

トップページに戻る