●視障協からの報告●

■第32回日本盲人会連合関東ブロック協議会サウンドテーブルテニス川崎市大会の報告(平成30年10月)

標記大会が平成30年10月27日(土)28日(日)の両日、川崎市スポーツ・文化総合センター(カルッツかわさき) において開催されました。
この大会の主催は、社会福祉法人 日本盲人会連合関東ブロック協議会及び特定非営利活動法人 川崎市視覚障害者福祉協会です。
第1日目は12時からの開会式のあと12時30分に競技開始、17時すぎまで、63選手が男子の部、女子の部の個人戦予選トーナメントで熱戦を繰り広げ、それぞれベスト4が決まりました。
第2日目は9時30分から男子の部と女子の部の個人戦の準決勝と決勝、引き続き参加13団体による団体戦予選りーぐ、午後に団体戦 準決勝・決勝が戦われました。
そして、15時からの閉会式で成績発表と表彰がおこなわれました。
団体の部 では、優勝 埼玉市チーム 、準優勝 横浜市チーム 、第三位(2団体) 千葉県チーム、 山梨県チーム、個人戦 男子の部の優勝は相模原市代表選手、 女子の部の優勝は 神奈川県代表選手です川崎視障協では女子の部で山嵜選手が準優勝しました。
この大会の開催に対して川崎市の助成を受けました。また川崎市、社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会、公益財団法人 川崎市身体障害者協会が後援しています。
大会の運営については、神奈川県球技審判協会、川崎市立川崎高等学校、川崎市視覚障害者ボランティア連絡会(オブリガード)の支援・協力をいただきました。
また、次の方々から協賛を受けました。

金剛山金乗院平間寺(川崎大師)
川崎信用金庫
セレサ川崎農業協同組合
高千穂産業株式会社
株式会社川崎フロンターレ
株式会社 エクシオテック

以上ご支援ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。
おかげさまで予定どおり大会を円滑に開催することができました。
なお、参加者数は、支援のボランティアなどを含め、 二日間で延べ約500人でした。

■第32回日本盲人会連合関東ブロック協議会サウンドテーブルテニス川崎市大会の報告(平成30年10月) おわり

トップページに戻る