●関係市民講座の紹介●

■朗読ボランティア入門講習会(平成31年2月)


●ここで学ぶ朗読とは「視覚障害者のために、文字を音声に訳す」ことです。
これを”音声訳”と言い墨字(紙などに印刷された文字の事)の文章などを、そのまま音声として正確に視覚障害者に伝えることをいいます。
丁寧な東京語を基にした共通語の正しい発声・発音やアクセント等を学ぶことができます。

・期日:2月9日〜3月9日 10:00〜12:00毎週 土曜日全5回
・会場:川崎市北部身体障害者福祉会館
・定員は20名(先着順) 参加費無用
1月5日(土)9時より先着順にて受付
・講師は「朗読ボランティアグループ ひいらぎ」 が務めます。 ・アクセス:田園都市線 溝の口駅、JR南武線 武蔵溝の口駅より徒歩5分
○講習会 内容
1日目  2月9日
「音声訳ボランティアとは」発声、呼吸法、発音の基礎的な練習をします。
2日目  2月16日
共通語のアクセントの特色、型、役目を例文を読みながら学びます。
3日目  2月23日
発音の抑揚、間を例文を読みながら学びます。
4日目  3月2日
例文を読み、実際に録音して自分の声を聴きます。
5日目  3月9日
CDを再生し、自分の読み方を客観的にチェックします。
※ お問い合わせ・申込みは
〒213-0001
川崎市高津区溝口1-18-16
川崎市北部身体障害者福祉会館
電話 044-811-6631

■朗読ボランティア入門講習会(平成31年2月) おわり

トップページに戻る