chikyu.jpg(9128 byte)
■トップへ ■会の概要と活動報告  ●5周年資料「5年間のあゆみ」
■ダンボールコンポストって何?  ●はじめませんか?  ●困った時と虫にご用心  ●熟成方法と堆肥の使い方  ●雨よけと木製コンポスト  ●値段表  ●取扱所一覧  ●相談会や講習会  ●学校や保育園での取り組み  ●コンポスト通信
■大事にしています
 ●ストップ地球温暖化  ●原発はいらない  ●平和憲法を守ること
■お問合せ先 ■アクセス
■リンク
 ●川崎市
  生ごみリサイクルリーダー
 ●川崎市地球温暖化
  防止活動推進センター
 ●循環生活研究所  ●中野コンポスト連絡会  ●ごみ・環境ビジョン21  ●生活クラブ神奈川  ●住いのオルタスクエア  ●東京ペレット
image19_s.jpg(2699 byte) ecoshop_s.jpg
川崎市環境局地球環境推進室のすすめる「かわさきコンパクト」に参加しています
川崎市エコショップに認定されました
制作協力:Webかわさき
005.png(4138 byte)
設 立:2007年8月

目 的: 私たちの子どもや孫の世代に安心して暮らせる環境を残すため、 限りある資源を浪費することなく、 持続可能な循環型社会をめざし、 広く環境について地域に暮らす人々とともに語り、考え、行動する。

経 緯:  子どもが学校でもらってきたのをきっかけに「豪快な号外」を知り、 何かしなくては、との思いから仲間によびかけ、 共鳴したメンバーが ひろがって、「環境を考え行動する会」を発足しました。
 少しでもよりよい環境を次世代に残せたらと、ご近所、お友達に渡し、「共感」をひろげられるよう活動中。
 NOレジ袋アンケートをしたら、「レジ袋をもらうのは、生ごみを捨てるのに必要だから」との答え。 ならば元を断とうと、生ごみを捨てない生活の提案を!
 生ごみを減量してCO2削減を掲げて、2008年8月より「ダンボールコンポストで生ごみリサイクル」の活動を展開しています。
 5年間で1300名の方に拡がりました。現在約1800名。

定例会: 毎月第3火曜日 16時〜 参加費100円
天野宅(川崎市麻生区片平5-31-1)

会 員: いつでもだれでも 環境に関心のある方 一緒に行動しましょう。
 ★募集中 正会員1200円/年、賛助会員1000円/年★
役 員: 天野悦子、門平きょう子、藤岡たか子、阿部貴紅子、村山美香子

問合せ&連絡先(賛助会費のお申し出も): 天野悦子 こちら
005.png(4138 byte)

 ●活動報告2009.12    ●活動報告2011.02    ●活動報告2012.01
 ●活動報告2013.03    ●5周年記念交流会資料_5年間のあゆみ2013.09
 ●活動報告2014.02    ●活動報告2014.12    ●活動報告2015.12
 ●総会資料2016.04    ●活動報告2016.12
 

1番最初の呼びかけ文

【豪快な号外「30秒で世界を変えちゃう新聞」読んでみてください。】

1番最初の呼びかけ文  7月7日に高3の息子が学校から「豪快な号外」という新聞を持ち帰りました。それは、 「100年後の地球がこの10年で決まるというなら、地球温暖化にただ危機感をもつのではなく、 未来を信じて、笑いながら動いてみよう。まずは半径3mを変えてみよう。そこから世界が変わっていく。」 という趣旨で3000万部も刷られた1部でしたが、読んだ私に衝撃が走りました。
 書かれている事は、私が食料品など共同購入している生活クラブ生協が長年実践してきた 再利用のRビンも卵トレーもネグロスバナナのフェアトレードも遺伝子組換えも地場野菜のことにも触れていました。
 もう既に自分たちはやっているから なんて考えず、まだできることがある。 ただ不安がっているのではなく、みんなと一緒に楽しく動こう。と突き動かされるものがあり、 新聞5000部注文しました。(玄関はダンボールの山ですが、1年かけて配ります)
 皆さんも読んでみて、共感してくださったら、配ってくださいませんか?
 1人が2人に伝えたらどんどん増えて何かが変わるかも。
  
 ご意見、協力申し出、新聞○○部ほしいなど、なんでもお寄せください。
 
 2007.7.15