グリーンコンシュマグループかわさき

トップページ

グリーンコンシューマグループかわさきは、川崎市を活動拠点にして、地球温暖化防止活動として「グリーンコンシューマー10原則」を基本に、日常生活の中で身近にできるエコライフを、多くの人と共に実践していこうという活動をしています。


主な活動は

1.小学校での出前授業

2.市民団体等への講座、エコショッピング・クッキング、暮らしのセミナー講師

3.モトスミ・ブレーメン通り商店街との協働で「1店1エコ運動」を実施

4.各地で行われるイベントに参加してマイバッグ作りなどを通しての温暖化防止啓発活動


グリーンコンシューマ10 原則とは
  ~「グリーンコンシューマになる買い物ガイド」より~
   グリーンコンシューマ全国ネットワーク著 小学館発行

1. 必要なものを必要な量だけ買う

2. 使い捨て商品ではなく、長く使えるものを選ぶ

3. 包装はないものを最優先し、次に最小限のもの、容器は再使用できるものを選ぶ

4. 作るとき、使うとき、捨てるとき、資源とエネルギー消費の少ないものを選ぶ

5. 化学物質による環境汚染と健康への影響の少ないものを選ぶ

6. 自然と生物多様性を損なわないものを選ぶ

7. 近くで生産・製造されたものを選ぶ

8. 作る人に公正な分配(フェアトレード)が保証されるものを選ぶ

9. リサイクルされたもの、リサイクルシステムのあるものを選ぶ

10. 環境問題に熱心に取り組み、環境情報を公開しているメーカーや店を選ぶ


現状ではこの10原則をすべて当てはめた買い物のできないこともあります。
だからといって何もしないのではなく、一つでも実行していくことが大切です。
その積み重ねがライフスタイルを変える大きな効果を生み、社会をも変えていく原動力になります。

 

 

「モトスミ・ブレーメン通り商店街のエコ調査」がブレーメン商店街との協働で低炭素杯2017においてLIXIL最優秀エコライフ活動賞を受賞しました。(動画をごらんください)

 

 関係先バナー